非常に友好的な関係にあるのに「即位礼正殿の儀」に招待されなかった台湾の総統がSNSで放った言葉に胸が熱くなる | トレンド サイクリング

非常に友好的な関係にあるのに「即位礼正殿の儀」に招待されなかった台湾の総統がSNSで放った言葉に胸が熱くなる

スポンサーリンク
感動
スポンサーリンク

10月22日に 皇位継承にともない、新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言する 「即位礼正殿の儀」が執り行われました。

儀式には秋篠宮ご夫妻や皇族方11人の他に、国外の王族や元首、内閣総理大臣などの要人も数多く参列し、日本だけでなく世界のメディアも高い関心を持たれていました。

不買運動などあった韓国では複数のメディアが、儀式の様子を生中継で報じました。

また、アメリカCNNなども速報で伝え、皇位のしるしである「三種の神器」のうち、「剣」と「勾玉(まがたま)」について、「公に目にすることができず、古代からのミステリアスな品だ」と解説しました。

イギリスBBCは「激しい雨風が儀式開始とともにやんだ。ソーシャルメディアでは、儀式に間に合わせるかのように、虹があらわれたと投稿する人もいた」と紹介しました。

しかし残念なことに、そこには日本と極めて近しい友好関係にある台湾の要人の姿はありませんでした。

一体なぜ招待されなかったのでしょうか?その理由は(次のページ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました