原発事故で避難した高校生が訴えかけました。「嘘をついたまま死なないでください」その言葉の意味を知った時…あなたの胸は締め付けられる | トレンド サイクリング

原発事故で避難した高校生が訴えかけました。「嘘をついたまま死なないでください」その言葉の意味を知った時…あなたの胸は締め付けられる

スポンサーリンク
NEWS
スポンサーリンク

『東日本大震災の被災者らとの集い』が11月25日に 千代田区内のイベントホール「ベルサール半蔵門」で 行われました。

この集いには2011年3月11日の東日本大震災と、福島第一原子力発電所事故による福島、宮城、岩手県の被災者ら約300人が参加 そして、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇も出席されました。

原発事故で福島県から東京都に避難した高校2年の鴨下全生さん、津波で園児を亡くした岩手県宮古市の幼稚園園長・加藤敏子さん、被災者の心のケアを続ける福島県南相馬市の住職・田中徳雲さんの3名が教皇の前で自らの体験を語りました。

その中で今回は鴨下さんが訴えかけた内容をご紹介いたします。

さっそく見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました